Corel Asia-Pacific Digital Art Competition 2010 結果発表

目に映るものすべて

グラフィックソフト「Painter」を開発、販売しているCorel社主催のコンペ、Corel Asia-Pacific Digital Art Competition 2010の結果発表が15日にありました。

結果としては3位に入賞でした。

今回は行き詰って悩んで描きあげたものと、完成まで意外にサクっと描けたものの2作品を応募したのですが、入賞したのは後者の方でした。いわゆる「産みの苦しみ」が結果につながるわけではないんだなと実感。

そういや岡本太郎氏も「苦労した作品より、ひとりでにどんどん進んでしまったもののほうが、いつでもいい」って言ってたような。

次もあれば参加したいなぁ。
またオッサン描きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。