スマートボール

スマートボール

スマートボールって、どのへんがスマートなんだろう。

気がつくともう、お子様に混じってスマートボールやるにも、若干の勇気が必要になっている自分がいたり。
でも、スマートボールの台は、僕が子供の頃から何も変わっていない。
もしかすると、もっともっと前から何も変わっていないのかもしれない。

そんな、ある種、時間を留めたまま、無意識に受け継がれていく無意味なチェインに、幾許かの愛を感じます。

どうでもいいけど、昔は台の絵柄は、右利きの人が左手で描いたかのようなクオリティのオバQのイラストとかが主流だったような。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。