【陰影礼讃】@国立新美術館

陰影礼讃

国立新美術館で開催されてました、「陰影礼讃」って展覧会観てきました。きっかけは、チケットにも使われている写真がカッチョよかったからです。こりゃ見ておかんと。

最初、この展覧会名の読み方分からなかったんですが、「いんえいらいさい」って読むようですね。なんか四文字熟語の展覧会ってよいね。
パンフレットによると、意味合いとしては

-「“かげ”ってすばらい!」とほめたたえること

だそうです。

なるほど、その名に違わず、「かげ」をテーマとした作品が展示されておりました。展示物も絵画だけでなく写真、立体もありでしたが、やっぱり個人的には絵画が好きでした。

岸田劉生

なかでも岸田劉生の《古屋君の肖像(草持てる男の肖像)》は凄かったです。何か絵から人のニオイが漂ってきそうなくらい生々しいんです。

おでこのテカリなんか気持ち悪いくらいリアルです。触ったら脂付きそうな。うん、さすが油絵。あ、そりゃ違うか。

写真のようなフォトリアリスティックな絵画作品は多々ありますが、ただ写実的なだけのものも多いと思います。そんなのを見る度に、じゃあ写真撮れよ!とか内心突っ込んだりしちゃいますが。

話逸れましたが、これは良い意味で「フォトリアル」ではないです。写真と見紛うようなことはなく、一見して絵だと分かるかと思います。

でも、この絵は写真以上に(もしかすると現実以上に)「人間の脂」感、生きてる感じが出てるんです。画像では伝わらないと思いますので、実物を見るのをオススメします。何だか見てると胸がざわざわします。

てか書いてて気付いたけど、僕、全然「かげ」見てないやん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。