LAMYのSafariについて

LAMY Safari

万年筆の書き味が好きですが、何万円もする高級万年筆なんて、そうそう買えません。
買ってみたものの、書き味が気に入らなかったりしてお蔵入りなんてした日にゃ、目も当てられませんし。

そこいくとこのLAMYのSafariは4,000円弱と、比較的高く感じる海外製万年筆の中では、非常に手頃な価格です。

これくらいの価格なら、仮に失敗したとしてもダメージは少なそうだし、何と言ってもマンネンヒツ、マンネンヒツしてないところもカッコイイし。で、購入に至ったのですが、使い心地としては、スラスラ感は鉄ペンであることを忘れるほどです。純正インクのブルーは好みよりも少し明るいですが、キレイな色です。インクボトルもカッコイイ&機能性もバッチリ!国内メーカーさんもこの辺は見習ってもらいたい、とも思うんですが、インクボトル自体の価格も全然違うし、ちょっと無理な話かもですね。

購入したLAMYのペン先はEF(極細)です。シリーズの中では一番細いのですが、それでも、国内メーカーのEFと比べると、かなり太い線になります。海外メーカーと国内メーカーではペン先の細さ表記と実際の太さはだいぶ異なりますので、注意が必要です。購入するときは必ず試し書きをすることをオススメします。
大体の印象ですが、国内メーカーのM(中字)が海外メーカーのF(細字)とかEF(極細)に相当する感じです。

写真のとおり、購入したSafariはスケルトン仕様のモデルなので、コンバーター部分も丸見えです。LAMY純正コンバータのつまみ部分の赤色が目立つのがドギツく感じて最初は気になっていたのですが、使っているとコレはコレでありと思うようになりました。だいぶ年季が入ってきましたが、まだまだ現役で頑張ってくれてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。