ステッドラーの芯研器

バケツ

2mmの芯ホルダーは鉛筆と同じように、使っていると先が丸くなり、描線が太くなります。
細くシャープな描線が欲しい時は、専用の芯研器を使います。まぁ鉛筆削りみたいなもんですね。

写真のはステッドラーのいわゆる、「バケツ型」なんて呼ばれるタイプです。
これ最初見たときは使い方がわからなかったんですが、蓋の突起している大きな穴に、芯ホルダーごと突っ込んで、円状に回すとゴリゴリ削れます。
ちなみにステッドラーの2mm芯ホルダー専用です。ロットリングの芯ホルダーを試してみましたが、挿し込む穴の大きさが合わず、使えませんでした。

ステッドラーからはもう一種類、タマゴ型と呼ばれるコンパクトなタイプも発売されています。こっちは芯のみを差し込んで削るタイプです。

バケツ型、タマゴ型、両方共持ってますが、持ち運びには大きさ的にタマゴ型が良いです。が、ペンケースにそのまま入れておくと、削りカスが逆流して、悲惨なことになります。
削り口をセロテープでとめておいたのですが、しばらくするとネチャネチャに…。
で、今のところ、練り消しを詰め物としておりますが、この辺何とかならないかなぁ…。

※あ、ちなみに削りカスの逆流に関してはバケツ型にも起こりえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。