AdobeのContributeって名前は知ってたけど…

Adobe Contribute

Adobeの制作ツール群、CreativeSuite。

いくつかパッケージはありますが、まぁこれがあれば、WEBやらDTPやら一通り制作には困らないです。CreativeSuiteにはPhotoShopやらIllutstratorやらがセットになっているわけですが、それぞれをバラバラで買うよりも割安です。

そんな何でも出来てしまいそうなCreativeSuiteの中で「WEBサイト制作ツールは?」と尋ねれば、WEB業界の殆どの方が、「Dreamweaver」と答えると思いますし、それに異論は全くございません。DreamweaverはWEB制作のプロ御用達のアプリケーションで、日常的に使用している方も多いかと思います。

最近知ったのですが、Dreamweaver以外にもWEBサイト制作用途のアプリケーションがCreativeSuiteに含まれているそうな。

やつの名前は「Contribute」。

で、Contributeがどんなもんか調べてみると、WYSIWYGエディタが搭載されていたりと、Dreamweaverよりも随分、敷居が低く、ライトな感じですね。もともとは、Adobeが買収する前のMacromedia製品だそうな。確かにUI(ユーザインタフェース)周りとか見るとそんな印象を受けます。

余談となりますが、Adobeさんには早いところAdobe系とMacromedia系のアプリケーションのUIを統一してもらいたいものですな。

で、何故にContributeを調べることになったかというと、某案件で制作したWEBサイトの運営/更新をDreamweaverではオーバスペックなため、お手軽なContributeでしたい、とクライアント様からご要望があったからです。

なるほど、ちゃんと需要はあるんですね。

またまた余談となりますが、日頃からWEB制作とかにどっぷり浸かっていると、一般のエンドユーザの意識と悪い意味でかけ離れてしまいがちです。これは時に致命的な勘違いを生むので気をつけないと。世間では「ブラウザ?なにそれ?」って方がまだまだ沢山いるわけですよ。

で、Contribute。

親切にアプリケーション内でレイアウトのプレビューをしてくれるのですが、当たり前のようにCSSの解釈に難があり、しっかりと崩れてくれます。主にfloat関連が怪しい感じなので、きっちりclearしてやれば幾分マシになりました。AdobeさんDreamweaverしかりContributeしかり、そろそろしっかりプレビューしてくれませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。